富士歯科医院 川崎市 川崎新町の歯科、歯医者、インプラント

【診療時間】10:00~12:00 14:00~16:00 17:00~19:00 【休診日】木曜、日祝 ※土曜日のみ 10:00~13:00
川崎新町駅の富士歯科医院 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

〒210-0846
神奈川県川崎市川崎区小田2-5-13

電話:044-366-3301

ブログ

HOME»  ブログ»  副院長ブログ»  コロナが心配ですが歯科受診はしていいのでしょうか

コロナが心配ですが歯科受診はしていいのでしょうか

コロナが心配ですが歯科受診はしていいのでしょうか

新型コロナウイルス蔓延により、緊急事態宣言が発令されている中、様々な情報が溢れてしまっていて、判断に困る場面も多くあると思います。


 

歯医者って今いっていいの?感染は?エアロゾルが危険?


 

緊急事態宣言が発令される少し前、その時期はまだ私たち医療従事者側においても情報が錯綜しており、富士歯科もスタッフと患者さんのために休診にするかと考えていた時期もありましたが、


 

ここにきて少しずつ情報がまとまってきたので、私どもの見解と現状を記します。


 

目次

1)歯科医院は感染リスクが高い空間か。

2)富士歯科の現状

3)”不要不急”の歯科通院は控えるべきか

4)最後に


 


 


 

1)歯科医院は感染リスクが高い空間か。

病院内での集団感染が報道されたり、ワイドショーなどでエアロゾル感染に関して報じられていますが、結論から申し上げると歯科医院での感染リスクはかなり低いです。

歯科医院でのコロナ感染において、患者さんからの感染例は高知県での事例一件のみです。全国でこれだけの感染者がいる中でこの数字はかなり低いと言えます。

それは、歯科医療を行う上で私たちは日頃から(コロナウイルス蔓延以前から)感染対策を万全に行なっております。

全ての患者さんを感染者と想定して、器具や診療環境の消毒・滅菌を行っております。これを「スタンダードプリコーション」と呼びます。


 


 

2)富士歯科の現状

先に申し上げたように、日頃からスタンダードプリコーションの徹底とともに今回のコロナウイルス蔓延に伴い、さらなる感染防止に取り組んでおります。

全ては富士歯科に来てくださる患者さんに安心していただくこと、またスタッフを守るためです。


 

富士歯科の訪問診療担当の本間衛生士から、以下のガイドラインを提供してもらいました。以来これを参考に診療中のPPE(個人防護具)を定めています。

富士歯科ではEB-PPEで診療に当たっています。



 

***********

・PPE(個人防護具)を以下に区分する

S-PPE:手洗い、手指消毒、マスク、グローブ

E-PPE:ゴーグル、またはフェイスシールドマスク、またはフェイスシールド

EB-PPE:フェイスシールドにガウン着用

F-PPE:陰性者への対応

現在は、陽性患者以外、治癒患者以外は陰性と判断しきれないため、陽性、偽陽性のなかで「疑いが強い」、「疑えない」で判断する。


 

※2020.04.06日本嚥下医学会作成ガイドラインより

***********


 

つまり、上から下に厳密な感染防止状態になるということとなります。

滅菌されたガウンとフェイスシールドを着用しています。

この格好、実際に見るとかなり仰々しく感じるかと思いますが、限りなく感染リスクを減らすにはこれぐらいは必要だなと判断しました。


 


 

3)”不要不急”の歯科通院は控えるべきか

痛み、腫れ、詰め物が取れた、などは急を要するもの。そしてクリーニングやメンテナンス、定期検診などは急を要しないもの。と言われがちですが、実は違います。

歯科治療には不要不急なものはありません。

クリーニングで口腔内の細菌数を減少させることは感染防止に直接的に有効であるのに加え、体調を良好に保つ上で欠かせず、間接的にも感染防止に効果があります。

上にも書いた通り、感染対策をきちんと行なっている歯科医院であれば、受診をむやみに控える必要はないと思います。

外出自体を控えたいという方は除きます。


 


 

4)最後に

緊急事態宣言が出ている中での歯科受診、特にクリーニングに関しては、歯科医療従事者側ですら意見が分かれているところですが、

私としてはメンテナンスのサイクルを絶ってしまい、口腔内の状態を良好に管理することができなくなり、本人も気がつかないうちに健康状態になんらかの異常をきたす方が心配です。

稀に見る緊急事態でありますから、歯科医院によってもそれぞれ考え方が違うと思います。

詳しくはかかりつけの歯科医院までご相談されてみてはいかがでしょうか。

副院長 金子佳史

2020-05-11 18:34:00

副院長ブログ   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.fujishika-iin.com/app/TrackBack/receivetb/SID/x8057087/EID/3

トラックバック記事一覧
Page Top